保育士は給料があまり高くなく、平均年収は317万円です。

中には社会保険などを引けば、10万円を少し超えるくらいしか給料をもらない公立の保育園もあります。一人暮らしだと毎月家賃や生活費を自分の稼ぎから工面しなければなりませんが、給料が安いために転職を考える保育士も多いです。

保育士の仕事は、トイレの練習をさせたり絵本の読み聞かせ、外遊び、昼寝など様々です。



どの時間でも子供たちの安全を確保するため、精神的にも疲れる仕事です。

しかしただ子供と楽しく遊んでいるだけと誤解されやすく、同じように子供の成長をサポートする学校職員とは全然扱いが違います。
また認可を受けている保育園の場合は、運営するための財源が親が払う保育料と自治体から受け取る補助金だけです。


保育料は公定価格があるので、運営が厳しくても値上げできません。
自治体からの補助金が増えない限り、保育士の給料アップも難しいです。


日本ではその人のスキルに応じて資格を取れる制度がありません。

皆が同じ資格を持っているので、長く勤務しても基本給は変わらないこともあります。スキルの高い保育士がたくさんいても、それを客観的に判断できないので補助金が増える可能性はほとんどありません。



株式会社が運営する私立保育園はでは、退職手当がなく基本給はさらに安くなる場合もあります。



海外では既に子供の発達に貢献しているとして、国民の税金から給料をまかなうことに決まった国もいくつかあります。